金属3Dプリンターの知識を多くの皆様に知って頂きたいので、造形の一連の流れをご説明させていただきます。こんな流れなんだといった程度で、ご認識頂けたら幸いでございます。

3Dデータをお客様より支給していただきます。


② データをチェックします。曲面形状箇所など、表面を滑らかに出力しなければならない箇所は、
データ修正又は、ユーザー様の方でデータを修正していただきます。

③ 専用ソフト上で、造形シュミレーションをします。ここでいわゆるサポート付け
(造形が崩れないように支えるもの)をいたします。薄肉やサポート設計の関係上、造形が出来ないケースもございます。*この時点で造形の可否も判断させて頂きます。

④ 造形時間等を算出し、お見積もりをご提示いたします。


ご注文書を頂戴し、造形作業に取り掛かります。


⑥ 装置に造形データを送信し、造形スタート。ちなみに実際に造形していく足場は、250㎜角の
ベースプレート上となります。(弊社購入部品)

⑦ 造形終了後、粉末材料の回収作業を行います。(造形品は粉末に埋もれている)

⑧ 粉末材料の回収後、ベースプレート上に完成した造形品を取り出し、ワイヤーカットにてプレートから
切り離します。

⑨ 切り離された造形品のサポート材を除去いたします。基本的には全て手作業にて取り除きます。


⑩ サポート除去後、ショットブラストにて表面を仕上げます。


造形品完成。御納品となります。

ざっくりこんな流れとなります。ご承知置き頂ければ幸いです。