最近ある機関紙の社説に、「ESG投資」なる記事が出ておりました。まあご存知の方も多いかと思いますが・・当方は勉強不足ですみません。端的に言うと、環境問題の解決や社会貢献、労働環境の改善などに積極的に取り組む企業に投資するESG(環境・社会・企業統治)への投資の事を指すようです。そしてそれは世界的な潮流となってきているようです。日本経済の持続的な成長にとって重要な動きであり、日本企業がESG投資を呼び込めるよう、国が後押しする必要があるとも言われております。
2018年のESG投資額は世界で約3400兆円に上り、世界の投資額全体の実に35.4%を占めるそうです。背景には、短期的な利益を追求する企業よりも、ESGに取り組む企業ほど長期的に安定した利益が見込めるという投資家の判断の転換があるようです。日本でも、16年の時点で国内投資額のわずか3.4%だったESG投資が、18年には18.3%と急増しています。しかし、日本企業がESGの取り組みについて十分に情報を開示していると評価する機関投資家は1%にとどまるという調査もあり、まずはESGの重要性を企業に周知する必要があると言われております。
ESGの取り組みとは、慈善事業をすることではありません。アメリカの某未来学者が提唱した「メガトレンド」(世界に変革をもたらす動向)を把握し、世界のありようを変えるような、大胆なビジネスを展開することが特徴の一つと言われております。例えば、プラスチックごみによる海洋汚染が深刻視され、世界的に「脱プラスチック」に向けて動き出していることも、メガトレンドの一つかと言えます。欧米諸国や日本の企業も、プラスチックの代替素材開発に乗り出しており、「プラスチックのない世界」が将来的にはくる可能性もございます。経済省の経営ガイドでは、「投資家が知りたいのは、企業の過去ではなく、未来における価値である」と指摘しています。企業の取り組みがより良い社会の未来像と合致するのか。その判断の物差しが、ESGなのかもしれません。

ともあれ昨日65日は世界環境デーでございました。地球温暖化や環境破壊、海洋汚染など問題は深刻であり、単なる環境問題ではなく、社会そのものの安定を揺るがす重大な課題とも言われております。気候変動への取り組みに関しては、産業革命前からの平均気温の上昇幅を「2度未満」に抑えることが目標となってきたのに対し、2度でも取り返しのつかない事態になり得るとの想定もあり、日本を含む国際社会の取り組みは今だ不十分との指摘もございます。金属3Dプリンターは材料のロスもほとんど無い事から、製造現場において材料消費量を抑えたり、リードタイムを圧縮することからくるエネルギーの削減にもつながって行けば幸いであると考えます。また車体や航空機などの分野で、金属3Dプリントによる試作開発が進み、パーツの軽量化を実現することから来るCO2排出量の削減、燃費の向上といった価値につながるのであれば、これほど嬉しいことはありません。
試作品や開発、単品や難形状品という分野で、金属3D造形をお試し頂ければ幸いです。当社へお気軽にご相談ください。