金属3Dプリンターといっても、全ての粉末材料を保有しているわけではございません。。
弊社においても例外ではなく、現在当社はアルミ(AlSi10Mg)とステンレス(SUS316L)を中心に
受託造形をさせて頂いております。

また材料交換にはコスト(フィルター費用)及び約2日程度の交換作業が必要となり、
右から左へ材料交換、、、というわけには行かないのが実情でございます。。
掲題の通り、弊社は当月よりSUS316Lに材料を入れ替えましたのでお知らせいたします。
もちろんアルミの受注も承っておりますので、お気軽にご相談、ご発注頂きたく存じます。
その他材料に関してましても、ご相談ください。
宜しくお願い申し上げます。